カードローンを利用する際知っておきたいこと‐総量規制

お金が必要な際知っておきたいこと‐総量規制

そもそも総量規制って?

カードローンを利用する際に知っておくべきこととして総量規制という制度があります。これは法律によって制定された規則で消費者金融、信販会社、クレジット会社のカードローンを利用したときに適用されます。具体的には「借り手の年収を基準として借入枠を抑制する」と言うことです。今はこの法律により借入枠は年収の3分の1に規制されています。

つまり、年収300万円であれば、カードローン枠は100万円までという事になります。これは一時期、無理な貸し付けによって返済が滞り破産する人が増えたため定められた法律です。

総量規制対象外のカードローン

ここで覚えておきたいのが、総量規制対象外となる「例外貸付」及び「除外貸付」があるということです。例外貸付とは貸金業法において本来であれば総量規制の対象になり得る貸付なのですが「緊急の医療費の貸付」や「債務者の有利借り換え」など例外的に総量規制の対象外とできる貸付の事で、除外貸付とは住宅ローンや車のローンなどそもそも総量規制の対象とならない項目の事です。

また、総量規制対象外のカードローンもあります。銀行系のカードローンは銀行法という別の法律が適用されているため、総量規制の対象にはなりません。それで銀行は独自の審査基準に基づいて返済が十分可能と判断すれば年収の三分の一以上の借り入れをすることも可能です。また個人事業主も「事業者カードローン」を利用すれば総量規制対象外となります。